通信教育で話題になる資格~美容師の例~

通信教育で美容師の資格を手に入れることもできる時代になっていることは、若い世代を中心にかなり好意的に受け取られているようです。
美容師は、昔から今までずっと社会から広く認知されている職業の一種です。新しい世代でも、美容師に対するイメージはとても肯定的で、花形職業といってもいいのではないでしょうか。

≪美容師の資格と、通信教育をめぐる実情≫

美容師の資格は厚生労働省が定めている国家資格です。美容師の資格を手に入れるには、その厚生労働省が指定している養成機関を卒業しないといけませんが、それは専門学校ばかりのイメージが(これまでは)強かった
かもしれません。
確かに美容師の養成はいまだに専門学校が中心ですが、通信教育課程でもその代わりにすることができます。
ただし、美容師の専門学校が2年だけでもよいのに比して、通信教育課程の場合、最低3年はかかることになっています。
とにかく、これらの課程を修了(学校なら卒業でもありますが)したら国家試験の受験資格が発生しますから、それに合格すればいいわけです。
ちなみにこの美容師の通信教育課程の場合、高卒でなくても条件付きで受けられる可能性もあります。
学歴等ない場合でもはいれる可能性がありますからよく確かめて選択するとよいでしょう。

この通信教育課程という方法では、もちろん美容師の知識を自宅で学習するわけですが、大事なことを覚えておかないといけません。完全に自宅だけで修了となるわけではないのです。
「スクーリング」もあります。
もっと大事なことはがあることです。
高い技術の必要な職業ですから、自宅学習だけではやはり不十分です。決められた日数は学校に足を向けて、技術等を面と向かって教わらないといけないのです。
スクーリングは平日が多いですがこれを受けられるようにしておかないといけません(夏の休暇等を使って行われることもありますが)。

通信教育の場合、一般的な美容専門学校の卒業者と比べて試験の合格率が劣るとよくいわれています。
相当熱心に自宅での勉強に打ち込む必要があることはあらかじめ知っておいたほうがよいでしょう。

≪美容師の資格を取得して以後は?≫

美容室で見習い等の仕事をすることが条件になっている通信教育も多いほか、実際に美容室で働き、そして学びながらのほうが試験の合格もその後の向上も進みやすいという現実があることも忘れてはいけません。
新米美容師の働き口はとくに都会では多いですが、人気店等は競争も激しいのが現状です。また、新人のうちは収入が少ないことは多く、覚悟を決めて仕事に励み、技術を磨いて評価や収入を上げていく必要があります。

>>合格率で選べばここにたどり着く。納得の教材。