通信教育で話題になる資格~看護師の例~

通信教育でときどき話題になる資格の一種に、実は看護師も入っていますが、ちょっとした誤解があるようですから、ページを設けて、通信教育で学べる看護師の資格がどんな資格なのか説明しておきたいと思います。

看護師がどんな資格でどんな仕事なのかは、わざわざ説明するまでもないでしょう。
看護師が社会でどんなに大切な職業だと考えられているかは、病院に行ってみればひと目でわかるくらいです。
看護師になりたいと考える人は昔も今もあとを絶ちませんし、以前は女性ばかりの職場でしたが男性の進出もかなり進んでいますし、仕事の内容、特にあのハードさを考えるとその必要性はとても高いですね。

≪看護師の資格と、通信教育をめぐる実情≫

看護師には正看護師や准看護師ほか種類がいくつかありますが、いずれにしても資格を取るには指定された学校に入って勉強し、数年かけて試験の受験資格を得る必要があります(そしてもちろん、その試験に合格しないといけません)。
実は高校を卒業してからすぐに試験を受けられる方法もないわけではありませんが、それで試験を通る可能性は低いですからそれを選ぶ人はめったにいないでしょう。

そしてここからが大事な部分ですが、通信教育で、まったくの無資格、未経験から看護師の資格を得られる方法はまだありません。
ただし、インターネットの上ではよく看護師の通信教育のことが話題になっています。
これはどうしたことでしょうか? 

実はこれは、准看護師のための通信教育ですね。
准看護師から正看護師になりたいと思ったときに(待遇のことをはじめとして、正看護師と准看護師で差がついてしまうことは少なくありませんから)、病院等での勤務を続けながらどこかの学校に通うことはものすごく難しい
といえます。そのため、通信教育という時間の融通が利くシステムを使って勉強をしようとする准看護師が出てきたのです。
もっともこれも、准看護師としての経験が相当長くないと使えない手ですね。

≪看護師の資格を取得して以後は?≫

ところで看護師の就職や求人の状況ですが、他の資格に比べて確かに有利なことは有利、それもものすごく有利です。
医療の現場では人手不足が深刻ですから、全国どこへいっても仕事にありつきやすいのです。
ただし仕事が過酷なこともあって、辞めてしまう人が多いですし、時間等の希望に合った働き方ができる職場がないために資格があっても働いていない人も(女性中心に)多いですね。
もったいない現実があるわけですが、これはすなわち看護師の資格を目指す人にとっては悪くない材料でしょう。

全国どこに移転したとしても、仕事の口に困ることはまずありません。条件等をよく比べて選べばよいわけです。 >>合格率で選べばここにたどり着く。納得の教材。