通信教育で話題になる資格~通関士の例~

通信教育で勉強して、時間や費用をあまり無駄にしないようにしてとったほうがいい資格は多いですが、通関士はその中であまり認識されていないほうにランクインするのではないでしょうか。
しかし通関士は、日本の経済の成り立ちには絶対になくてはならない資格の一種ですし、一生の仕事としていく価値は本当にありますから、若い世代にもっと注目されたほうがいい資格ですね(もちろん中高年のような世代にも注目してほしいものです)。
せっかく通信講座でわかりやすい勉強ができるのですから、通関士に今よりも目を向けるべきではないでしょうか。

≪通関士の資格と、通信教育をめぐる実情≫

通関士の試験問題には、独特の内容が多く入っています。貿易に関する手続きや関税等について学習する必要がありますから、他の仕事をしてきた人や、一般の学生にとってはあまり縁がない範囲が大半となります。関税にまつわる資格ということで、法律の知識もそこそこ求められますし、試験については落ちる人のほうがやはりだいぶ多いです。
通信教育を使って無駄のない通関士の勉強をしていくことがいちばんではないでしょうか。

学校に通うこともできますが、やはり費用や時間のことがネックになっている例が多いそうですし、通関士専門の通信教育のほうが選びやすいでしょう。

≪通関士の資格を取得して以後は?≫

通関士の働く先はやはり通関業務をやっている会社です。通関業務だけをやっている会社よりも、他の業務も兼業している会社のほうが多いため、仕事先を探すときはわりと広い範囲から通関業務をやっている会社を探していくほうが建設的でしょう。
通関士は通関業務を行うことを、入った勤務先で許可を(税関から)受ける必要がありますが、転職した場合でも同じ要領で許可を得ることでまた仕事をすることができます(ある意味で、頼もしい資格だと呼ぶことができます。通関業務をやっている会社に入る限りは)。
また、最近は通関業務以外の場面でも、通関士の知識が重宝がられる業務も少しずつですが増えているようです。
通関士の求人は、特定の業界に集中していますから、通信教育で勉強の途中からどんな企業がありうるのかときどき確かめておくとよいでしょう。

>>合格率で選べばここにたどり着く。納得の教材。