通信教育で資格を取る、上級者の方法

資格

通信教育を使って資格をうまいこと手に入れる方法、そして仕事をうまく手に入れる方法のアドバイスとなるように前のページまでにたくさんの情報をできるだけ掲載してきましたが、通信教育を使った資格の取得方法にはまだいろいろな得をする方法が残されています。
ここでは、通信教育で資格を勉強する人たちが使うことができるちょっとした奥の手を説明しましょう。

たとえば、資格をミックスさせる方法ですね。つまり、2種類かそれ以上の資格を手に入れるわけです。
1種類の資格だけでも取るのが大変なのに、2種類も取るのは考えられないと思ってしまうかもしれませんが、通信教育であればその苦労も半減されますし、資格の選び方、組み合わせ方によっては勉強する内容に共通点が増える可能性もありますし、仕事を手に入れるときでも非常に有利になることもありえます。

たとえば、法律関係の資格では、行政書士や社会保険労務士の資格を中心にダブルライセンスをしている人たちがいます。
ここではまず行政書士と社会保険労務士を例にしましたが、この2種類は事務所を開くタイプの資格ということもありますから、その傾向を持っている資格である、宅建やFPの資格でダブルライセンスをすることだって、実はじゅうぶんに考えられることなのです。

不動産関係で考えることもできますね。マンション管理士と管理業務主任者は、マンションの管理をすることで共通していますから、両方を手に入れようとする受験者は本当に多いです。
また、宅建の資格と組み合わせて仕事に役立てる道もじゅうぶんに考えられます。

こういった方法は、どれかの資格の勉強を開始した時点では到底考えられることではないでしょうが、将来をにらんで予定を立てるときは、追って考えていきたい方法でもあります。
また通信教育では共通点のある資格を一緒に開講していることも多いですから、教え方の上手な通信教育を見つけたら、そこで合わせてやっている資格の中でダブルライセンスの可能性を検討することも悪くありません。
余裕がある人は、いろいろと将来に向けて計画を練ってみるとよいでしょう。

>>合格率で選べばここにたどり着く。納得の教材。