通信教育で話題になる資格~旅行業務取扱管理者の例~

旅行業務取扱管理者の資格もまた、通信教育で受講して、試験にみごと合格できる可能性がある資格のひとつです。
この資格は、旅行会社で活動するために存在する資格です。旅行業法で、旅行業を営む企業では、この資格の保持者を一定数雇用することが義務付けられているのです。旅行会社に就職したいがために、在学中にこの資格を受ける学生の姿は毎年見かけます。

≪旅行業務取扱管理者の資格と、通信教育をめぐる実情≫

旅行業務取扱管理者には、「国内旅行業務取扱管理者」と「総合旅行業務取扱管理者」の2種類にわかれています。「総合~」に受かっていると、国内旅行の仕事と海外旅行の仕事の両方をやることができますから、「総合~」のほうが、比較するつぶしは利くといえます。もっとも、「国内~」のほうが受験者は多いですが。試験の合格率については、「総合~」のほうがやや低いのですが、「国内~」のほうが低い結果になったこともあります。
とにかく、どちらの試験も通信教育を受けることで勉強にだいぶ弾みがつく可能性は高いです。数ヶ月の受講で合格したという成功例はたくさん聞こえてきます。

≪旅行業務取扱管理者の資格を取得して以後は?≫

現在の旅行会社の大半は、すでに旅行業務取扱管理者資格の保持者を何人か雇っていることが普通です。この資格の合格者が、それだけでものすごく有利になるわけではありません。それでも、旅行業界に就職して、その世界でずっとやっていきたい場合や、業界内でのヴィジョンをはっきりと描くことができる場合には、この資格を早めに身につけてしまうことは、とても渡りに船でしょう。

>>合格率で選べばここにたどり着く。納得の教材。