通信教育で話題になる資格~診療報酬請求事務能力認定資格の例~

診療報酬請求事務能力認定資格という、少し長い名前の資格があります。これは、「医療事務」の資格の一種です。医療事務の世界では珍しいことに、ただの民間資格ではない点が特徴的です。

診療報酬請求事務能力認定資格は、医療業界でよく頻出するワード「レセプト」の処理を正確にできる人材を育てるために制定されています。健康保険制度があるため、日本の医療の現場では、健康保険法等にもとづいて医療費の計算をしないといけません。この資格を持っていると、そのスキルがじゅうぶんに備わった人材であることの証明となります。

≪診療報酬請求事務能力認定資格と、通信教育をめぐる実情≫

この資格試験は、特に難易度が高いというわけではありません。しかし合格率は平均して30%台となっています。結局、不合格になる受験者のほうがずっと多いのですから、準備ができていないとほぼ間違いなく不合格となります。
この試験は、専門学校等で学ぶこともできるのですが、それにはまとまった資金や時間がいります。それに、相当に若い(女子)学生ばかりが通いますから、年齢や性別によっては通学しづらいでしょう。
通信講座ならだいぶ費用がかからなくなる可能性がありますし、いろいろな意味で楽に取れるチャンスとなりそうです。

≪診療報酬請求事務能力認定資格を取得して以後は?≫

もちろん、医療機関への就業をするべきでしょう! この試験は医科と歯科に分かれていますから、一般の病院等に就職するか歯科医院に就職するかという違いは、試験の種類によって生まれますが(とはいえ、歯科で受ける人は毎年、非常に少数です)。
医療事務の仕事に資格は必須ではないですが、やはりどれかの資格は持っておくに越したことはありません。

>>合格率で選べばここにたどり着く。納得の教材。