資格と職業、現代の事情に即した最新の選び方は?

資格の選び方がわからないという人もいるかもしれませんが、大事なことは、その資格をとってから後悔しないようにすることではないでしょうか。

資格をとるためにはそれなりのエネルギーもいりますし、うまい方法をとることができても最小限の時間や費用はかかってしまいます。特に、今のような時分に資格を受けようとするということは、進路について迷っているからこそでしょう。
その点を振り返ると、やはり自分の将来に向けて絶対にプラスになるような資格の選び方をして、最適な仕事にありつけるようにしないといけないでしょう。

もちろん、自分にやりたい仕事が決まっていれば、資格の選び方に迷うこともないでしょうが、迷っている人たちははっきりとした希望の仕事・希望の資格がないからでしょう。
そうなると、資格の選び方の焦点は、費用対効果やコストパフォーマンスといった点に移ってきます。

資格はどんな資格でも、試験があるなどの仕組みがあって、誰でも希望したらすぐ手に入るものではありません。
費用対効果の視点で見渡すと、資格にも難易度がありますが、
まずは仕事にうまく結びつく難易度の資格に絞り込むことから、資格の選び方を考えはじめてはいかがでしょうか。

難易度が低い資格、つまり誰でもそんなにがんばらなくてもとれるような資格の場合、その資格を持っている人は世の中にありふれています。
こうなると、企業にとっては「光る人材」とは受け取られません。
その資格は持っていても、企業の就職試験を通るための武器にはなりません。

しかし難易度が高すぎる資格も考えものです。何年も取得のために準備期間が必要な資格では、リスクが大きすぎます。それくらいの資格は時間のほかに費用も必要になりますし、うまくいかなかったときに莫大な費用と時間をロスすることになってしまいますが、そのときにはもう取り返しがつかないことでしょう。

上記の条件を合わせると、試験を1発で通れる可能性が少なからずある資格、難易度が高くて合格者が毎回少なくても、通信教育等を使ったら合格のチャンスが出てくる資格が、必要な時間や費用の面で考えても、企業からの評価の面で考えてもちょうどいいという結論にたどり着きます(このサイトではそういった資格をなるべく多めに選んでいますが)。
資格の選び方で迷っている場合は、まずこのような方法で資格選びをはじめることをおすすめしたいですね。

>>合格率で選べばここにたどり着く。納得の教材。