通信教育で話題になる資格
~FP(ファイナンシャル・プランナー)の例~

通信教育で受けられる資格の典型としてFP(ファイナンシャル・プランナー)はだんだん有名になってきましたがまだFPのことをよくわかっていない人たちはたくさんいるのだそうです。
これはちょっともったいないことでしょう。FPは、通信教育をうまく利用して級をどんどん上げて受かっていくことがすごくおすすめできる資格だからです。

≪ファイナンシャル・プランナーの資格と通信教育をめぐる実情≫

FPのことがよくわからない資格のように思われがちなのは、資格が複雑に分化してしまっているせいかもしれませんね。

FPは日本FP協会と金融財政事情研究会と、2種類の団体が管轄している資格で、それぞれが別々に設立され、そして別々に試験を推し進めてきたため、かなりわかりづらいものとなっていますし、国家資格と民間資格両方が混在します。それを細かく説明することは途方もない字数が要りますから、この場では割愛しますが、現在進路に迷っていて資格を熱望している人にとって望ましいのは、FP2級とAFPの資格両方を取ることです。2つも資格を取るのは難しそうに見えるでしょうが、一部の(指定を特別に受けた)通信教育を使うとFP2級もAFPもほぼ同時に勉強し、同時に取得することができます。
FP2級には受験資格がありますが、FP3級に受かればそれをクリアできますし、通信教育はFP3級も2級も(そしてAFPも)やっていることが多いですから、うまく利用すれば最短のコースをたどって全部の資格を自分のものとすることができるでしょう。
ここまでの説明をまとめますと、FP3級、2級、そしてAFPまで網羅している通信教育で勉強することがいちばんの近道となることになります。

≪ファイナンシャル・プランナーの資格を取得して以後は?≫

FPの資格はアメリカのような外国で発達してきた資格で、日本ではあとから用意された資格で歴史も浅いのですが、むしろこれから先に花開いていく資格でもあります。FPは金融や財政のスペシャリストのような面を持つ資格で、銀行や証券会社のような世界、不動産や保険のような世界でしばしば話題にされる資格になっています。
それらの業界においては就職面接の場でも、FPの資格があることを重視される傾向があります。
将来的には独立型のFPも増えていく可能性がありますし、FPの資格には将来性があります。

まずは金融や保険のような業界でFP資格を評価してくれる会社を探して、面接を受けていくとよいでしょう。 >>合格率で選べばここにたどり着く。納得の教材。