通信教育で話題になる資格~宅建の例~

通信教育で受けられる資格の中には、試験の合格や登録の手続き等を済ませたあとでもなかなかすぐには報われない資格もけっこうありますが、そんな中にあってこれから紹介していく宅建の資格は、通信教育の世界でまったく違った立ち位置にいるといっていいのではないでしょうか。
宅建という資格は、不動産業を営んでいく会社にあっては本当に欠かせない資格だからです(賃貸業務しかやっていないような場合だったら話は違いますが)。

≪宅建の資格と、通信教育をめぐる実情≫

宅建の資格試験では、「宅地建物取引主任者」という正式名称からもうかがえるように、宅地や建物の「商取引」すなわち売買に関する知識を問う問題が大量に出されています。
不動産は、土地にしても家のような住まいにしても、極めて高額になりますし、しかも普通の品物と違って持って帰ることができませんから、その権利を厳正に保護する必要があるため、宅建の資格を持とうとする人材には広範な知識を持つことを要求しているのです。
宅建の試験も一定の難易度が保たれていてたいへんですが、通信教育では合格のための知識を体系的に学ばせてくれるところがあります。定評の高い通信教育を選んで宅建の勉強をするべきですが、特に、講師自身が宅建のエキスパートであるような通信教育だったら(たとえば、その会社の代表者が宅建に精通しているような通信教育だと間違いないでしょう)とてもよい条件で勉強をさせてもらうことを期待してよいでしょう。

≪宅建の資格を取得して以後は?≫

宅建の資格が大きな武器になるゆえんは、法律によって、「宅地や建物の取引をする事業所においては、5人に1人の割合で宅建の有資格者を配置しなければならない」という意味の規定が設置されていることです。
しかも、不動産の売買を営んでいる会社は全国各地にまんべんなくあります。
宅建の資格は、老若男女や学歴・職歴に関係なく全国の、不動産取引をやっている会社で面接を受けるときに大きな武器になってくれることを期待してかまわないでしょう。
不動産業界での求人を探すにあたっても、宅建の資格の有無を確認することからはじめることがおすすめとなります。

>>合格率で選べばここにたどり着く。納得の教材。