通信教育で話題になる資格~管理業務主任者の例~

通信教育で受けられる資格の中には管理業務主任者のような地味な資格もあります。
しかし管理業務主任者は、マンションという日本中におびただしい数がある建物にちなんだ資格で 働く場所は無数にありますし、収入の面でも安定するチャンスが膨大にある資格で、通信教育で管理業務主任者の勉強をして、要領よく合格を狙いにいくことはとてもおすすめできます。

≪管理業務主任者の資格と、通信教育をめぐる実情≫

「管理業務主任者」とだけ聞かされても、何を管理する仕事なのか想像できない人たちもまだ多そうなのですが管理業務主任者は実は日本社会ではなくてはならない資格の一種です。

この資格はマンションの管理をするための資格で、マンション管理士とかなり類似しています。
ただしマンション管理士と違う点ももちろんあります。
マンション管理士は、(最初からではないことが多いでしょうが)独立をして仕事をすることがわりと多いのに比して、管理業務主任者は企業等の内部に所属して仕事をすることがほとんどです。
この資格はマンション管理士と比べたら試験の難易度も低く(といっても決して楽ではありません。
かいつまんで話すなら、受験者の5人に1人くらいの割合でしか合格できませんから)、通信教育を使って管理業務主任者の勉強をすることで、さらに受かる望みを増やしていけます。
特に、宅建やマンション管理士の講座も開いている通信教育で管理業務主任者の勉強をするほうが、よくできたカリキュラムに従って勉強できる望みが増えますからよいでしょう(それらの資格も、通信教育で管理業務主任者といっしょに狙うことも悪くないものです)。

≪管理業務主任者の資格を取得して以後は?≫

管理業務主任者は、不動産業界ではなくてはならない資格の一種に成長してきました。
マンションを管理するという事業をやっている不動産会社では、一定の割合で管理業務主任者を配置させないといけないからです(30組合ごとに1人、という割合ですから、そんなにたくさん必要だというわけではありませんが)。
そして、企業に最後まで属して働けて安定させやすいといった利点もあります。
マンションを多く抱えている会社を中心に探して求人をあたっていくことがおすすめですね。

>>合格率で選べばここにたどり着く。納得の教材。